「贈与税」 一覧

所得税 法人税 消費税 相続税 贈与税

税務署から申告書の写しを取り寄せてみた(開示請求)

2018/7/17  

税務署まで行って所得税の確定申告書の開示請求をやってみました。贈与税や相続税、法人税の申告書などのコピーも同様の方法で取り寄せることができます。 開示請求の細かい方法についてはこちらのページでまとめて ...

所得税 法人税 消費税 相続税 贈与税

【開示請求】税務署から申告書の控えを取り寄せる方法、控えを紛失してしまったら

2018/7/16  

所得を証明するときなどでは確定申告書の控えの提出が求められることがあります。そもそも申告書の控えを作っていなかったり、申告書の控えを紛失してしまった場合には、申告書の開示請求の手続きを行うことによって ...

no image

計算機 所得税 法人税 消費税 相続税 贈与税

国税の延滞税の計算機【所得税や相続税、贈与税など】

2018/7/1  

使い方 「期限内申告」と「期限後申告」のどちらかを選択し、延滞した国税の金額と延滞日数を入力して、「計算ボタン」をクリックすると延滞税が計算されます。0円と表示される場合には延滞税がかからないというこ ...

no image

計算機 贈与税

贈与税の計算機

2018/7/1  

使い方 贈与の種類を選択、110万円の基礎控除前の贈与額を入力して「計算ボタン」をクリックすると、暦年課税の贈与税額が計算されます。 暦年課税の贈与に対して相続時精算課税の贈与があり、暦年課税の贈与は ...

所得税 贈与税

期限後申告の延滞税と無申告加算税はどのように計算されるのか?

2018/3/13  

所得税と贈与税の申告書の提出期限は3月15日です。3月15日を過ぎた後に申告書を提出、税金の納付をすると、延滞税や無申告加算税が発生します。これらのペナルティの税金はどのように計算されるのかまとめてみ ...

所得税 贈与税

期限内申告の延滞税はどのように計算されるのか?

2018/3/11  

所得税と贈与税の申告書の提出期限は3月15日です。申告によって計算された所得税、贈与税の納付期限も3月15日です。3月15日までに申告書を提出していても、遅れてしまった納税については延滞税が発生します ...

所得税 法人税 消費税 相続税 贈与税

申告書の控えは必ず作ろう

2018/3/1  

確定申告書は税務署に提出してしまうため、手元には残りません。そのため、提出する確定申告書と同じものを控えとして作成します。会計事務所や税理士事務所では控えの申告書を作成するのは当たり前ですが、一般の人 ...

贈与税

親から子、祖父母から孫の贈与をすると贈与税が安くなる

2018/2/27  

相続対策や資金援助などで家族間で贈与を行うことがあります。暦年課税の場合、一年間で贈与によって受け取った財産の金額が110万円を超えると贈与税の申告をして、贈与税を納めなければなりません。贈与税は贈与 ...

所得税 法人税 相続税 贈与税

国税の納付はクレジットカードで行うとお得になる?!

2018/2/26  

平成29年1月4日から国税(所得税、法人税、消費税など)をクレジットカードで納付が行えるようになりました。今までは納付書を税務署や銀行に持ち込んで納めているケースが非常に多かったですが、スマートフォン ...

贈与税

贈与税の申告をしなければならない人は?

2018/1/26  

年が明け確定申告の時期になってきました。所得税の申告の準備をしている人も多いと思いますが、同時に贈与税の申告の時期でもあります。相続の対策のためにも贈与をしている人は多いですが、贈与税の申告をしなけれ ...

Copyright© そよーちょー通信 , 2018 All Rights Reserved.