【税理士監修】難しく複雑な税金制度を分かりやすく簡潔に!

そよーちょー通信

計算機 住民税 ふるさと納税

住民税額とふるさと納税の限度額の計算機、シミュレーション【源泉徴収票版】

更新日:

使い方

12月1月ごろに勤務先から配布される「給与所得の源泉徴収票」の記載事項をそのまま転記することによって簡単に住民税額とふるさと納税の限度額が求められる自動計算機です。

「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」を見ながら記載されている箇所を入力します。

  • 黄色の部分 → 数字を入力する
  • 緑色の部分 → クリックしてチェックを入れる

「社会保険料控除等の金額」は2段で金額が記載されている人がいますが、その場合は、下段の金額を入力します。

計算機

- - 住所(居所) 又は所在地 氏名又は名称 (電話) 本人が障害者 就職 退職 退 中途 受給者生年月 退 (フリガナ) (フリガナ) (フリガナ) (フリガナ) 1 2 3 4 1 2 3 4 (フリガナ) (フリガナ) (フリガナ) (フリガナ) 16 控除対象 配偶者 (源泉・特別) 配偶者の 合計所得 国民年金保険 料等の金額 旧長期損害 保険料の金額 (フリガナ) 住宅借入金 等特別控除 の額の内訳 住宅借入金等 特別控除適用数 居住開始年月日 (1回目) (2回目) 住宅借入金等特別 住宅借入金等特別 控除区分(1回目) 控除区分(2回目) 居住開始年月日 住宅借入金等 特別控除可能額 住宅借入金等 年末残高(1回目) 住宅借入金等 年末残高(2回目) 生命保険料 の金額の 内訳 新生命保険料 の金額 旧生命保険料 の金額 介護医療保 険料の金額 新個人年金 保険料の金額 旧個人年金 保険料の金額 (摘要) 社会保険料等の金額 生命保険料の控除額 地震保険料の控除額 住宅借入金等特別控除の額 障害者の数 控除対象扶養親族の数 (本人を除く。) (配偶者を除く。) その他 非居住者 である 親族の数 (源泉) 控除対象 配偶者の有無等 配偶者 (特別) 控除の額 その他 16歳未満 扶養親族 の数 従人 従人 従人 支払金額 給与所得控除後の金額 所得控除の額の合計額 源泉徴収税額 支 払 る  を受 (受給者番号) (役職名) (フリガナ)

入力が全て完了したら、計算ボタンをクリックしてください。

計算結果

注意事項

  • 東京都23区に住所地がある人の計算に基づいて作成しています。住んでいる都道府県、市区町村によって住民税の年間額が100円から1,000円程度ズレることがございますのでご了承ください。
  • この計算機は住民税の住宅ローン控除の計算には対応していません。
  • 源泉徴収票から求められるふるさと納税の限度額は、源泉徴収票に記載されている年分のものになります。前年から収入や扶養などの状況に変動があった場合には、ふるさと納税の限度額もそれに応じて変わるのでご注意ください。
  • 入力した情報はサイト運営者が確認することが一切できない仕様になっていますので、安心してご使用ください。

Copyright© そよーちょー通信 , 2019 All Rights Reserved.